小屋ぐらしメモ1

  • 土地は、使い方でジャンル分けされている。土地のジャンルのことを地目という。地目が山林でも、そこで小屋ぐらしを行うことは可能。
  • 土地を購入してしまえば、そこでテントぐらしをすぐに開始することができる。もっとも時間がかかるのが、土地購入。テントぐらしは、わりと快適らしい。小屋を立てるのは、おそらくより快適にしたいためということと、テントの耐久性がそれほど高くないため。
  • よしだかつや氏の小屋の作り方は2バイ4工法ぽい。この作り方で、小屋を作るBライファーを氏以外にもう1人確認できた。(小屋を作る際のメジャーな方法らしいので、もっといると思う)
  • 基礎というのは、建物を乗せる土台のこと。地面に直に建物を立てると湿気ですぐに木が腐ってしまうので、小屋の耐久性を向上させるために、地面と建物の間に基礎という中間を置いて、地面から小屋を浮かしている。
  • 自動車免許は割と必須。ホームセンターから資材を運ぶといった、ものを載せて運んだり、自分が移動するときに必要になるし、将来的にレベルアップして狩猟免許とったときとか、林業に行きたい時とかに、必ず必要になる。費用は30万円ぐらいかかるらしい。とるかあ。
  • 寝たろうさんでもない限り、土地を公売等で安く手に入れようとしても、買ってよいのか悪いのかさっぱりわからず、途方に暮れる。安く手に入れるためには、相応の知識がいる。不動産屋さんに相談するのが一般的。だいたいどのBライファーも、ネットから検索して、良い土地が会ったら、その不動産屋に電話して、購入している。
  • 土地はその広さのx%までしか(60%とか)建物を立てることができない。土地の最大x%を建物に使用できるか率を、建ぺい率という。
  • こうやって少しずつ勉強しながら、土地を探していくことになる。