読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

派遣会社はいくら儲けているのか

派遣会社を選ぶときというのは、入りたい業界があるが、経験がなくてどこもいれてくれないので、経験を積むために入るとか、他に注力していることがあるので、拘束がゆるい派遣にしたいとかそういったあまり重い仕事はしたくないが、給料はそこそこ欲しいと言った場合に選択肢に入ってくるだろう。次にステップアップするためのレベル上げをする場所だ。

最近いくつかの派遣会社の求人を見て驚いたのが、交通費は自分で払うという求人がほとんどだということである。自分も派遣会社には世話になったことがあるが、こんな不利な条件を飲まないといけないほど、派遣会社の立場は強いのだろうか。

片道電車300円で行ける範囲で通勤定期を買うと、12,000円ぐらいかかる。時給1500円で、週5日間、一日8時間働くとして、1ヶ月21日出勤した場合、

2.2-head :002 > 1500 * 8 * 21
=> 252000

ここから、通勤費12000円が引かれて、

2.2-head :003 > (1500 * 8 * 21) - 12000
=> 240000

医療保険ざっと10,000円、厚生年金13,000円がひかれて、

2.2-head :004 > (1500 * 8 * 21) - 12000 - 10000 - 13000
=> 217000

さらに雇用保険所得税も払うから、手取り200,000ぐらいになる。通勤費が12,000円だから、一回の出勤につきこちらから

2.2-head :005 > 12000 / 21
=> 571

払っていることになる。馬鹿な話だ。通勤費を派遣社員に払わないと、派遣会社はそれだけで大儲けなはずだが、これでも経営が苦しいとはどういうことであろう。

試しに簿記の知識を活かして、テンプスタッフの損益計算書、貸借対照表を見てみる。

http://v3.eir-parts.net/EIR/Eir.aspx?code=2181&template=custom3&day=365&ln=ja

(単位:百万円)

・前第2四半期連結累計期間

(平成26年4月1日 至 平成26年9月30日) 四半期純利益 5,738

・当第2四半期連結累計期間
(平成27年4月1日 至 平成27年9月30日) 四半期純利益 8,644

ということで、2014年の4月1から9月30日の間で

5,738,000,000 => 57億3800万円の純利益があって、

今年2015年の4月1から9月30日の間には、

8,644,000,000 => 86億4400万円の純利益があった

ということである。

おい、めちゃくちゃもうかってんじゃねえか。

これで交通費を払わないことがまかり通っているということは、国はそれでいいよってことなんだろう。格差是正とか、なんか色々いってるけど、

こんだけ儲かってんなら、交通費ぐらいだしてやれよ。