この世界の構造(ざっくり1)

こんにちは。 この世界の構造は下記とのことなので、共有します。 番号が小さいほど、力、性欲が強いです。 徳をつむとより力が強い、 各階層を行き来できるとのことです。 徳を積むとは、ざっくり言うと、拝んだり、節約したり、親孝行したりとのことだそう…

エゴグラムによるあなたの性格診断結果

自分の性格チェックしたので、自分用のメモです。 性格 バランス感覚の優れた性格です。世渡りの名人と云った風が有り、万事に波風を立てない術を心得て居ると云うべきでしょう。合理的で冷静な分析判断に長けて居り、人間としての面白味に欠ける点が有ると…

好きなサウンドトラック

Odai「好きなサウンドトラック」 鷺巣詩郎が好きなので、ベルセルクのOSTとか、進撃の巨人とかを聞いている。エヴァンゲリオン序破急も鷺巣詩郎。どれも好きなんだけど、特に戦闘シーンで流れる音楽や、悲しい心情を表す音楽が好き。 なんで鷺巣詩郎が好きな…

冬の寒さ対策

寒い日が続いている。朝起きるのが嫌でそのままずっと眠っていたいと思う。自分の部屋や、自分が置かれている環境は、良いものかどうかは微妙だと感じているけれど、寒さという点について、暖房がなくても全く困っていない。 靴下を2重履きにしよう 寝苦しい…

貯金の方法

Odai「貯金の方法」 基本、必要最低限のもので生活するです。 家賃安いところに住む=>UR賃貸とか、JKK東京で探す ネットは、wimaxにする =>ラクーポンだと、月に3000円で、工事費いらない お弁当を作って持っていく => 弁当作るのは意外と楽 お風呂はフ…

旅行に必ず持っていくもの

Odai「旅行に必ず持っていくもの」 旅行に行かないので、何を持っていけば良いのかわからない。着替え、洗面用具(歯ブラシとか、歯磨き粉とか、石鹸とか)、選択した時室内干しするための洗濯紐ぐらいかな?洗濯紐もってないけど。持ち物は最小限にしたい。…

愛用しているもの

Odai「愛用しているもの」 新年明けてから毎日怒濤の展開が続いており、流石に疲弊しています。こんにちは。(昨晩から今日の明け方にかけてのラッシュはどうしてこっから、こうなったていう感じで、終わった後ぽけーっとしています。うーん、理解が追いつい…

自分の性格について

なんとなく自分の性格について、わかった点があったので、まとめていきたいと思います。 自分はどういった性格なのか? http://the5seconds.com/realism-9505.html こちらのホームページをご覧頂ければわかりやすくまとまっています。本当は全コピして、その…

リビドー(性欲)とのつきあい方

男性(女性の方でもいらっしゃることとは思いますが)であれば誰しも思い悩んだ問題ではないでしょうか。私も長年どうやって付き合ったらよいか、悩んできました。経験から、運動によって衝動を抑えることができると学びましたが、四六時中運動しているわけに…

2017-01-18 本日は大変申し訳ありませんでした。

黄色様に 彼女できる チュー(遠隔)する その後だから自然ですよね? と確認したところ、”OKです”とのjudgeがでたので、 ご容赦いただければ幸いです。 ただし、表題の通り、誠に申し訳なく思っております。 頑張りますので、引き続き応援していただければ…

2017-01-17

Odai「初めて買ったCD」 北浜小学校、今日はどうもありがとうございました。 何回かすれ違ったけど、なんて声かけて良いのかわからんくてさ。Tと結婚したのかな?末永くお幸せに。 そのTから中学校の時、広末涼子のCDを借りたこと思い出した。 一緒によく遊…

2017-01-16

ブログ書けっていう依頼がきたので、書いていきたいと思います。何考えているかもっと知りたいっていうメッセージだと思ったので。 何考えているかってよくこの職場に入って言われることだけれど、なんも考えてないです。ていうか、電子認知症的なのになって…

死んでいく人について

今日も体調が悪い。今年は本当に体調が悪い。毎年こんな感じであるが、ついに心臓まで痛み始めた。これは死ぬなと思い、実家に帰ってきて様子を見ているが、良くなったり悪くなったりで、なかなか完治しない。心臓が痛いと、なにもできない。一番症状がひど…

小屋ぐらしメモ1

土地は、使い方でジャンル分けされている。土地のジャンルのことを地目という。地目が山林でも、そこで小屋ぐらしを行うことは可能。 土地を購入してしまえば、そこでテントぐらしをすぐに開始することができる。もっとも時間がかかるのが、土地購入。テント…

一人で生きていこうとすると、どこかで行き詰まる

自分は10代の頃から厭世的で、将来の夢は隠居したいだった。20代は、一生懸命ずっと働いててて、そんなこと考えてた時期もありましたねって、たまに振り返るぐらいだったけれど、30も半ばに来てしまって、自分の人生を振り返る時期に来てみると、孤独の中で…

仕事をすることでしか生きていけない人生を変えたい

また仕事をやめてしまった。これで何回目だろうか。自分は就職、退職、転職って何回も繰り返してきて、いわゆるジョブホッパーというやつで、検索すると転職市場で忌み嫌われると書いてある。ただ年齢が若かったこともあって、半年以上どこからも採用されな…

体調不良になるトリガー

年齢の老いとともに、とにかく無理ができないっていうのは、よく感じる。睡眠時間が少し足りないとか、仕事中急げ急げって張り詰めることがあると、すぐ体がだるくなったり、憂鬱になったり、疲れているんだけれど、眠れなくなったりする。 自分には体調不良…

適応障害

職場の要求水準についていけないため、職場からのストレスを処理しきれず、体調が悪くなってしまうことである。絶賛適応障害中。神経がずっと興奮しているような感覚があり、呼吸がとても浅くしかできていないように感じる。自分が置かれている環境に適応で…

精神安定剤としてのニコ生

進撃の無職〜40代で失業した男の日記 というFC2でブログを書いているくらげねこさんという方がいる。ブログとか、ニコ生をよく放送していて、こういったら失礼だけれど、自分も同じダメ人間として共感する部分があって、たまにブログ、ニコ生を見ていた。 氏…

悩みが出て行く時

サイドプランクで腹射筋を鍛えて、レッグレイズで腹筋下部と上部を鍛えると、呼吸を深くすることができる。呼吸を深くできるようにしてから走りに行く。走っている途中に、腹筋下部で呼吸ができる時がある。 この時、原理をよくわからないが、走っているんだ…

仕事をしていても、していなくても、変わらない一日を送る

ストレスに打ちのめされている状況なら、”朝、目覚める”ことの定義を変える。目覚めるということは、ランニングを始めるということにする。目覚めたは、ランニングが終わっただ。 ランニングが終わったら、着替えて朝食を取り、勉強を始める。生活に困ってい…

でなければならない教

自分の生活について、真剣にモデルチェンジをしたいと思っている。20代の自分は、〜でなければならないに支配されて年月が終わってしまった。 資格を取得しなければならない、仕事で良い結果を残さねばならない、納期に遅れてはならない、毎日満員電車にの…

自分の幸福は、自分で作る時代

この前のハートネットTVでphaさんが出演していて、そのキャッチフレーズが「自分の幸せは自分で決める」だったのだけれど、もっと正確に言うと、「自分の幸せは自分で作る」ではなかろうかと思った。 年功序列がなくなって、年齢によって自動的に発生してい…

都会に俺の居場所はない

仕事帰りにデパートに寄ってきた。デパ地下にも行った。別に行きたくて行ったんじゃなくて、たまたま今日は会社が早く終わったので、デパートに用事がある人と途中まで帰ったのである。 人が多くて多くてうんざりする。アスファルトでできた空間が、自分の神…

今年は新・映像の世紀から始まった

NHKが歴史ドキュメンタリーとして、新・映像の世紀というシリーズを制作している。現在、第3集 「時代は独裁者を求めた」まで制作されており、4週は1月末に放送されるということである。 第3集 「時代は独裁者を求めた」を今日見たのだが、年齢を重ねるご…

今年を振り返る

今年1年あんまりイベントがなかった。働いた期間がみじかかったということ、時間の使い方がへたくそなので、あっというまに1年過ぎたけど、もっとがんばれたな。今年発生したイベントは、 仕事辞める 仕事始める 職業訓練校に行く 資格取れた また仕事辞め…

ヒートテックワイドリブソックス16足買った

2足で690円で売っていたので、まとめて買った。クーポン500円使って、合計で5420円。一足338円。冬は基本靴下を2枚重ねて履くので、一日に2足使う。だから、俺にとっては、16足で8日分の靴下だ。今まで無印良品のただの毛糸の靴下を使っていたんだけど、…

ナルシマリョウ

軍鶏というたなか亜希夫の漫画があって、自分は菅原と戦っているところから読み始めて、そこからファンになって、今日またなんとなく最終巻を読みなおしている。 ナルシマリョウはラストのほうで、絶対に救われない側の人間だって、今までの登場人物から言わ…

脳について

最近朝4時頃起きて、お弁当の支度をして、荷物背負いながら4km通勤ランニングして最寄り駅まで行って、朝の仕事開始まで勉強して、仕事が始まったらあっという間に夜になってて、帰ったら寝るだけみたいな生活を送っている。 こういう生活を送っていると、…

ナチュラル・ボーン・ヒーローズ1

ナチュラル・ボーン・ヒーローズという本を読み始めた。BORN TO RUN 走るために生まれた ―ウルトラランナーVS人類最強の“走る民族”を書いた、クリストファー・マクドゥーガルの新しい本だ。正直、BORN TO RUNは作中に出てくる走る民族が、…