読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

自分の性格について

なんとなく自分の性格について、わかった点があったので、まとめていきたいと思います。

 

自分はどういった性格なのか?

 

http://the5seconds.com/realism-9505.html

 

こちらのホームページをご覧頂ければわかりやすくまとまっています。本当は全コピして、そのまま眠りたいのですが、それはルール違反だそうなので、それはせず、自分が理解したことを自分の言葉でまとめてみます。

  • 見た目は別に何でも良い。重要なのは、中身。

別にだいたい見た目なんてなんでもいいやって思ってます。例えば、字が汚くても全く気になりませんし、ぐしゃぐしゃの書類も、全く気になりません。べつにそれでいいと思っています。自分が気になるのは、そこに必要な情報があるかどうかです。必要な情報がないことが、非常に嫌です。

自分のニーズと合致した情報がそこにあるかどうか。そこが自分の採点基準となっています。

  • 現実主義者

わりと自分の感情とかどうでも良いと思っています。好きとか嫌いとか感じることもありますが、もっとも優先順位が高いのは、それが自分と照らしあわせて妥当かどうかです。好きだから、その人と一緒になろうとか、嫌いだからその人と会わないでなく、自分の抱えている現実があって、その現実をいい方向に変えてくれるものだとか、人を選びます。

よくわからないということですので、具体例でいいます。

  • 家族全体が心配。自分自身も心配。

私の両親のこともそうですが、兄弟も心配です。なにより、自分もそんなに体調よくありません。我が家どうしたもんかなっていうのが、まず大きな問題としてあります。いま起きている問題とは関係なくです。

  • 考えたこと

私が実家に戻ってきた時、瞬間的に思ったことは、ヤバい、このままだと、家族皆潰れると思いました。詳細なことは書けませんが、家族のだれもが、家族を一番不幸にしてきた問題について、解決しようとしていなかったのです。そのため、ほったらかしと、諦めが、我が家に蔓延していました。

  • ほったらかしと諦めが何を生むか

(我が家の場合です)

このままいけば、認知症精神疾患を生産すること、その人たちの面倒を見る人が、むちゃくちゃしんどくなること(多分支えきれない)が目に見えていました。

かといって、放り出すわけにもいかないので、詰む。ヤバい。

幸いなことに、まだ初期の段階だったので、この段階を維持して、いい方向に向かわせる方法は、ないかと考えました。

それが、重くなってからでは、どうしようもないことは、自分が特別養護老人ホームなり、精神疾患を患ったことで知っていたからです。

  • なにをしたか

とにかく、我が家の問題を我が家だけで抱えることをやめることだと思い、外部にアウトソーシングしてしまうことにしました。

で、動きまくった結果、定期的に訪問看護が来てくれるようになりましたし、退職後、行き場がなかった両親に行き場ができて、認知症予防にもなりました。家族会にもつながり、相談できる場所もできました。

ただでさえ、問題だらけで、さらに問題抱えることになったらたまったもんじゃねーわと思っていたので、いい方向に向かって本当に良かったと思っています。

  • 葛藤

正直、家族っていっても、皆ばらばらで、互いに仲が悪く、なんで俺がこんなことしなくちゃいけないんだろうと思いました。自分だけなんでこんなしんどいんだろう、なんでだれもこのしんどさと、将来的に確実に訪れるしんどい問題を解決しようとしないんだろうと思いました。

おれだってしんどい!おれだってこんな問題ぶんなげて、知らん顔していたいわ!って思って動いてました。

でも、ほっておいたら、もっとしんどくなるのです。そうなったら、自分にはどうすることもできないと思いました。

  • 自分の感情はおいておく

自分が好きだとか嫌いとかしんどいとかどうして誰もわかってくれないんだろうとか、そういったことは現実の問題解決の役にたちゃしないので、感情はいったん放り投げて、現実の問題を解決するためにはどうしたらいいだろうかという視点で動きました。問題がいい方向に向かった後、だれからも感謝されず、罵倒されたり、心ない言葉が返ってきた時には、さすがに心が折れそうになりましたが、現実が良くなったという結果が、自分を支えてくれました。

  • 一番大事なのは、現実をいい方向に変えてくれる力

もし、俺だってむちゃくちゃ大変だったんだと言って、家族と衝突してしまえば、この問題は解決しなかったでしょう。問題を解決するためには、時に、自分の感情はおいておいて、好き嫌い関係なく、行動することが大事ではないでしょうか。

  • まとめ
  • 感情はいったんおく。現実の問題を解決するためにはなにが必要か考える。
  • わからんときは、行動する。行動するということは、ふわふわもやもやした考えを明確にしてくれる。
  • 自分自分ばかりいわない。自分を一旦捨てる。自分を捨てて、問題解決に役に立つ方法、手段、協力してくれる人を探しまくる。
  • 根底にあるのは、適当と疑い。本当にそれ必要?ってわりとなんにたいしても思っている。でも何に対しても適当。矛盾しているけど、これが同居しているのが自分。

とりとめないですが、こんな感じです。

推敲した結果、あんまりいい文章かけませんでしたが、(それがいいかどうかを決めるのは自分の判断基準)

とりあえず1記事としてアップします。

精進致します。

リビドー(性欲)とのつきあい方

男性(女性の方でもいらっしゃることとは思いますが)であれば誰しも思い悩んだ問題ではないでしょうか。私も長年どうやって付き合ったらよいか、悩んできました。経験から、運動によって衝動を抑えることができると学びましたが、四六時中運動しているわけにも行きませんし、運動したくない気分の時もあります。

リビドーは悪いことなのか?

○変態!○変態!と罵られることもありますが、そうした欲求が起きるということは、相手に好意(恋愛感情ではなくて)を抱いていたり、配偶者に対しては、愛情を感じていることのサインだったりします。本来であれば、相手にはほのかに伝わるだけで、特になんの問題にもならなかったりしますが、衝動の内容がそのまま伝わってしまった場合はそれはドン引きされるのも無理はないことです。まあ、衝動の内容が伝わるなんてありえないですけどね。

リビドーはなんのためにあるのか

ウィキペディアより抜粋してみます。

これはジークムント・フロイトが「性的衝動を発動させる力」とする解釈を当時心理学で使用されていた用語Libidoにあてた[1]ことを継承したものである。一方で、カール・グスタフ・ユングは、すべての本能のエネルギーのことをLibidoとした。

 

より正確には人間の性を非常にバラエティに富んだものへと向ける本質的な力と考えられている。リビドーが自我によって防衛・中和化されることで、例えば男根期の露出癖が名誉欲に変わるなど、社会適応性を獲得する。また支配欲動が自己に向かい厳格な超自我を形成して強い倫理観を獲得することもある。

 ということで、たとえものすごい強い衝動があったとしても、それを乱用せず、実際の行為は配偶者とだけ行うとか、むやみにポルノを見ないとかで、コントロールできる人は、むしろ衝動が強みになります。衝動が強いということは、もともと持っているエネルギーが強いということなのですから。

大事なことは

ポルノばっかり見たり、相手をホイホイ変えたりしないことです。自動思考で思ってしまうことは仕方ありませんが、現実に行為に及ばなければ、大した問題ではありません。自分がこういった衝動をもっているということを自覚して、実際の行為は配偶者だけにしたり、他のことを一生懸命やるということで、衝動を昇華させていけばいいのです。コントロールできれば、人生はより豊かなものとなっていくことでしょう。

そうした行為ばかり考えてしまうと自己嫌悪に陥る必要はありません。そうした衝動が自分にはあると自覚して、正しい方向に進路を変えればいいのです。

そもそも3代欲求(食欲、睡眠欲、性欲)のひとつなので、衝動はあって当たり前のことです。衝動があるからダメなんだと自己嫌悪に陥るのではく、衝動があっても正しい方向にコントロールすれば良いというように考えれば良いのです。衝動の内容の詳細が相手に伝わるなんていうことはありえないのですから。

まとめ

  • 衝動を否定しない。あることを受け入れる。
  • 認めたうえで、使い方を謝らない。乱用しない。
  • 乱用しなければ、自分を幸せにする力に変えることができる。

以上となります。

衝動が強いということは、それだけ大きな幸せを掴む可能性が高いということです。少しずつコントロールして、自分を幸せにしていきましょうね。

2017-01-18 本日は大変申し訳ありませんでした。

黄色様に

  • 彼女できる
  • チュー(遠隔)する
  • その後だから自然ですよね?

と確認したところ、”OKです”とのjudgeがでたので、

ご容赦いただければ幸いです。

 

ただし、表題の通り、誠に申し訳なく思っております。

頑張りますので、引き続き応援していただければと思います。

 

Odai「私の師匠」

 

20代の間、ずっとIT業界で働いておりまして、その間に3人の師匠(尊敬できるっていうか、この人同じ人間なんだろうか)っていう人の下で働くことができたので、3人の師匠がどんな人だったか紹介したいと思います。

何でもすぐに理解してしまう博士のようなMMMVVVVさん

Mさんのすごいところは、業務内必要な知識の中で知らないことないということです。Mさんはまず、最初に速攻で、業務上必要な知識を頭に頭に入れてしまいます。

業務内で分からないことをなくしてしまうまでの速度が、尋常じゃなく早かったです。

人は、理解すればここまで強力なアウトプットができるんだとこの方から教えていただきました。

2つのプロジェクトを同時進行で進めてしまうNNNGJJJJさん

1日のうちに、Fのプロジェクトをやっている最中に、Gのプロジェクトも電話で指示を出して並列でこなしていたというNNNさん。

会社がブラックだったこともあるでしょうが、その中でどうやって、並列でプロジェクトを動かすという人間業ではないことを行うか。

それはボトルネックになっている部分を見つけて、その部分を先に片付けて、業務内で、難所をなくしてから、チームのメンバーに作業を割り振ると、決められた期間にプロジェクトを終了させることができると教えていただきました。

チームの生産性を向上させる術に長けていたSSSJKKKKさん

ここでは初めてコードレビューとか、今で言うチケット駆動開発開発とか、設計論を教えていただきました。

書籍にもとづいて、根拠のある方法で開発することを行っていた点が、2番めの師匠との違いです。

膨大な量の書籍を学んでおられました。この方から紹介していただいた本は、自分のプログラマとしての能力を飛躍的に飛躍的に高めてくれたと思っています。

この方からは、根拠のある方法のほうが、伝達しやすいということ、自分が学ぶときに学びやすい => 他のメンバーの学習コスト削減になること、実証された方法を使うため、手探りで考える部分が少なくて良いこと、とか良書を基に、技術を伝達するのがメリットだらけであることだらけであることを学びました。

良書良書最強。

さいごに

3人の方から教わったことをまとめると、

  • 業務内でわからない部分をなくしていけ。
  • ボトルネックを探して、片付けろ。
  • 本には悪書と良書がある。良書から学べ。

ということになります。

シンプルですが、1つ1つがパワフルです。

この視点から、業務を進めていくと、自分も相手もハッピーにできますね。

 

今日はどうもありがとうございました。

また明日宜しくお願い致します。

2017-01-17

Odai「初めて買ったCD」

北浜小学校、今日はどうもありがとうございました。

何回かすれ違ったけど、なんて声かけて良いのかわからんくてさ。Tと結婚したのかな?末永くお幸せに。

そのTから中学校の時、広末涼子のCDを借りたこと思い出した。

 

一緒によく遊んでたKちょはなにしてんだろう。

 

皆大人になったんだなあと、浜松に帰ってきてから、感慨深かったよ。へんな方法になってしまったけれど、こうやって意思を伝えることができるのは、とても嬉しかったりする。

 

M小学校の近くのどんぐり公園とか、くすのき公園とかでよく遊んでたんだっけ。自転車でよく競争していたような。最後に話したのはいつか忘れてしまったけれど、北浜小学校と、Kちょと、よく遊んでいたことは記憶に残ってるよ。

 

思い出すと、涙が出そうになるね。

 

夏に青色のスカンつはいて、俺を呼んでくれた子はwaさんだったのかな。

くすのき公園で、俺を呼んでくれたこと覚えてる?

あの時は恥ずかして、声をかけれなくてごめん。

 

Tbっぽいのにも会った。浜松じゃなくて、神奈川でも1回だけ会ったよな。あんとき、俺は近くに住んでいたのでした。んーと、あとTbの兄貴、空手ならってなかった?俺Tbの兄貴と、実は会ったことがあって、1回だけ一緒に組手したことがあるんだ。その時に、「おまえ妹と一緒のクラスだろ」って言われて、このひとTbの兄貴なんだって思った。突きがめちゃくちゃ痛かったことを覚えてる。

 

あとYmしーとかとも一緒によくあそんでたっけ。

 

Okwさんは元気かな。俺はOkwさんとかTbとか、waさんとかが周りにいてくれた頃とあんまし変わらないまま大人になりました。

 

中学時代は、あんまし良いことなかった記憶があるけど、今振り返ってみると、良いこともたくさんあったなって思った。

 

Tに借りたCDから、昔の記憶を思い出したって話でした。

 

思い出っていいもんだね。

 

関係各位にしかわからない話ですみません。

 

明日も頑張ります。

宜しくお願い致します。

2017-01-16

ブログ書けっていう依頼がきたので、書いていきたいと思います。何考えているかもっと知りたいっていうメッセージだと思ったので。

 

何考えているかってよくこの職場に入って言われることだけれど、なんも考えてないです。ていうか、電子認知症的なのになってるっぽい。毎日単調な作業しかしてないからね。しょうがないね。

今日は職場について色々なことに気づけました。

  • 黄色を見つけるとストップになること。
  • 僧階?っていうのかな?が上位の人は下位の人を自分の思い通りにコントロールできるということ。
  • 下位の人は、上位のAさんの言いたいことを喋っているかもしれないし、Bさんの喋っていることを喋っている場合があること。つまり、同じ人でも、Aさんだったり、Bさんだったりするということ。
  • 嫌がらせには、時間制限があるということ。一定時間を超えると終わり。または、黄色を見つけると終わり。または、集団が望む行動をとっても終わり。したがって、この集団は、集団が望むような行動をとるように、個人を強制的に変えていく力がある。
  • この集団は女性が多いということ。福祉の長もこの集団の一員だということ。医療もそうなのかな。まあ多いんでしょうきっと。
  • 集団にも派閥があり、それぞれ担っている役割が異なるということ。暴力担当の人たちは割と他の派閥からも怖がられているっぽい。俺も怖い。
  • 体に触れるということが、支えるというサインであること。
  • 赤はするな、青はok、黄色は望ましいか、ストップ。緑は理事長が見てるよっていうサインかOさんが憑依したとき。
  • 朝早く活動することを奨励していること。まあそれは、おれも良いことだと思う。
  • 200円とか、お金を払うことが、経験値をつむことになってる。なので、お金を払わない俺はえらい目にあいました。
  • 前の職場の人も、この集団の一人だったということ。これは俺にしかわからんと思うけど、腑に落ちることが色々あったので。
  • 職場での役職と僧階はリンクしてるっぽい。より上位の役職だと、上位の僧階を求められるっていうシステムなのかなあ。これは俺の推測だから外れてるかもしれんけど。違うのかな?でも結果的にそんな感じになってるっぽい。

とりとめなく書きましたが今日はこんなことがわかりました。明日も頑張ります。宜しくお願い致します。

死んでいく人について

今日も体調が悪い。
今年は本当に体調が悪い。
毎年こんな感じであるが、ついに心臓まで痛み始めた。
これは死ぬなと思い、実家に帰ってきて様子を見ているが、良くなったり悪くなったりで、なかなか完治しない。
心臓が痛いと、なにもできない。一番症状がひどかった夏には、椅子に座っていることすらできなかった。
心臓が弱っていて、足先まで血を流すことができず、座っているだけでどんどん苦しくなり、苦しさに耐えられなくなって、そのまま帰ってきてしまった。
秋から冬になり、気温が下がって、よく眠れるようになって、徐々に回復してきたように思うが、朝起きて自転車を坂道でこぐと、
心臓が締め付けられるような感覚がある。
病院の検査では、せいぜい洞不整脈程度の診断しか異常を見つけることができなかった。
心臓が流している血液の量が測定できれば、一発でわかると思うが、血圧も脈拍も心電図も正常範囲内であるので、
正常な血液量を心臓が流しているのであろうと判断されてしまった。
明日生きているかどうかわからないという気持ちになるのに、まわりからは"正常です"と言われてしまう。
このように、自分の苦痛を他人にわかってもらえない瀕死の人から、死んでいくのであろうと思う。

小屋ぐらしメモ1

  • 土地は、使い方でジャンル分けされている。土地のジャンルのことを地目という。地目が山林でも、そこで小屋ぐらしを行うことは可能。
  • 土地を購入してしまえば、そこでテントぐらしをすぐに開始することができる。もっとも時間がかかるのが、土地購入。テントぐらしは、わりと快適らしい。小屋を立てるのは、おそらくより快適にしたいためということと、テントの耐久性がそれほど高くないため。
  • よしだかつや氏の小屋の作り方は2バイ4工法ぽい。この作り方で、小屋を作るBライファーを氏以外にもう1人確認できた。(小屋を作る際のメジャーな方法らしいので、もっといると思う)
  • 基礎というのは、建物を乗せる土台のこと。地面に直に建物を立てると湿気ですぐに木が腐ってしまうので、小屋の耐久性を向上させるために、地面と建物の間に基礎という中間を置いて、地面から小屋を浮かしている。
  • 自動車免許は割と必須。ホームセンターから資材を運ぶといった、ものを載せて運んだり、自分が移動するときに必要になるし、将来的にレベルアップして狩猟免許とったときとか、林業に行きたい時とかに、必ず必要になる。費用は30万円ぐらいかかるらしい。とるかあ。
  • 寝たろうさんでもない限り、土地を公売等で安く手に入れようとしても、買ってよいのか悪いのかさっぱりわからず、途方に暮れる。安く手に入れるためには、相応の知識がいる。不動産屋さんに相談するのが一般的。だいたいどのBライファーも、ネットから検索して、良い土地が会ったら、その不動産屋に電話して、購入している。
  • 土地はその広さのx%までしか(60%とか)建物を立てることができない。土地の最大x%を建物に使用できるか率を、建ぺい率という。
  • こうやって少しずつ勉強しながら、土地を探していくことになる。